院内風景

小児矯正

お子さまのこんな口元、気になりませんか?

  • 不正咬合
  • お口ポカン
  • 力の入りすぎている口元
  • 正しい発音ができない
  • 噛み合わせが悪い
「プレオルソ」こども歯ならび矯正法は、歯ならびだけではなく口周りの筋肉の機能を改善する訓練を同時に行うことが可能です。

プレオルソとは?

「プレオルソ」は、現役の歯科医師(矯正専門)が開発した取り外しのできる「マウスピース式矯正装置」です。永久歯に生え変わる前に使うと効果が高いと言われています。

POINT1)柔らかく、取り外しができるマウスピース式

マウスピース式なので、取り外しができ、柔らかく、安心・安全に治療に取り組んでいただけます。
取り外しができると食事の時に装置を外せるので、虫歯の心配が少なく、痛みが出た時等には使用を一時的に中断することもできます。

POINT2)学校に持っていく必要はありません。

プレオルソは、家にいる時(約1時間)と寝る時に使います。
学校では普段通りに過ごしていただくことが出来ます。

POINT3)ロ呼吸を鼻呼吸へ促します。

プレオルソは、歯ならびだけではなく、口周りの筋肉の機能を改善する訓練を同時に行うことが可能です。
「おロポカン」の改善にも効果があります。
小児(10歳頃まで)のうちに口呼吸を鼻呼吸へ促し、口周りの筋肉のバランスを整えることは、将来の歯ならびやこどもの成長発育にとても良い影響があると言われています。

プレオルソはⅠ期治療。予防矯正です。

歯列矯正治療は、年齢によってⅠ期治療とⅡ期治療に分かれています。
Ⅰ期治療(全ての歯が永久歯に生え変わる前の治療)をすることで、将来の歯ならびに多くの良い影響を及ぼすと言われています。

プレオルソを使用することで

    • 歯ならびの予防に
    • 歯ならびの改善に
    • 舌癖の予防に
    • お口ポカンの改善に
    • 口呼吸から鼻呼吸へ
      Ⅱ期治療を希望される場合にも、Ⅰ期治療をしておくと大きなメリットがあります。
      • 治療期間が短くなる
      • 歯を抜かなくてすむ場合 など